下腹ぽっこりは骨盤が歪んでいるせいかもしれません!!

コロナ禍の影響で外出が減り、家にいる時間が長くなり

ついつい食べてばっかりで、太ってしまった・・・・・・

なんていう人多くないでしょうか?

そんなに太ってないのに、何故か下腹だけが

ぽっこりしてきて、何とかしたい!!

下腹ぽっこり

なぜ下腹ぽっこりになるのでしょうか?

おもに整体的見地から考えると

1. 骨盤の歪み

立つ時の姿勢が悪くて、骨盤が後ろに傾いて

お腹を前に突き出すように立ったり(反り腰)

上半身のバランスを取るために猫背になって骨盤が歪んでいるためです。

また筋力の低下も関係します。

骨盤や背骨を支える筋肉は、体幹の筋肉が関係していて

お腹の深層にある大腰筋や腹横筋などの筋力が弱くなると

下腹ぽっこりになってきます。

後ろに傾いた骨盤

2. 内臓の下垂

病気ではありませんが、胃下垂など通常の位置より

内臓が下がってしまうと、ぽっこりお腹になりやすく

食べ物の消化にも影響します。

また便秘の人も内臓の下垂のある人に多いです。

3. 内臓脂肪

暴飲暴食や不規則な生活のリズムにより

間食や夜食などが増えると、全体的には

そんなに太っていなくても、下半身に脂肪がつきやすく

下腹ぽっこりの原因になります。

立つ時や座る時の姿勢が大事!!

人間の本来の正しい姿勢は骨盤が真っ直ぐに立ち

背骨がゆるやかなS字カーブを描いているのが良いです。

正しい立ち方

上の写真のように、自分のおへそを挟んで等間隔で

手を置いて見て下さい。

上の手と下の手が真っ直ぐになるように

立ったり、座ったりすることが大切です。

正しい座り方

下腹ぽっこりの人はお腹を前に突き出すように反り腰になっているので

下の手が前方にいきます。

アズーロカイロは姿勢の改善が得意です!!

当院の施術は、DRT整体です。

骨盤から背骨、頭蓋骨にいたるまで痛みのない調整を致します。

下腹ぽっこりは勿論、猫背矯正、反り腰矯正、産後の骨盤矯正

O脚矯正、X脚矯正、ストレートネックの改善など

姿勢矯正はお任せ下さい。

DRT整体