首の痛みについて

こんなことで悩んでいませんか? 

  • 寝違えたみたいで首が痛い。
  • むちうち(頸椎捻挫)の後遺症で困っている。
  • 病院で頸椎椎間板ヘルニアと言われ痛みが強く、手に痛みやしびれがある。
  • 首のレントゲンを撮ったら、ストレートネックと言われた。
  • 首を動かすと痛みやしびれが出る。
  • 姿勢が悪く猫背を直したい。
  • 首の骨をボキボキ鳴らすクセがある。
  • 肩こり、頭痛、眼精疲労で悩んでいる。
  • 痛みで夜も良く眠れない。

寝違えの女性

首の可動範囲と働きについて

首は頭と胴体をつないでいる、非常に大切な器官です。

日常生活において人や物を見たり、周囲の音を感じ取ったり、においを嗅ぎ取ったりなど情報収集をして、絶えず動いていますのでとても広い範囲に動きます。

首の可動域

また私たちは、2足歩行で重い頭(体重の10%弱)を首で支えて、脳や脊髄は首を通して情報や神経の伝達を行っています。

首の骨は7個ありますが、その間には椎間板があり重みや衝撃を吸収するクッションの働きをしています。

また首には、脳への血流に大きく関係する頸動脈が4本走っており、脳へ酸素や栄養を供給しています。

背骨をユラユラ揺らすだけで、首の痛みがラクになります

首の痛みの原因は、姿勢や生活習慣が大きく関係しています。

最近は特にパソコンやスマホを使用する時間が増えてきて、長時間のうつむき姿勢が首の筋肉の血流を阻害したり、首の神経を圧迫することにより色々な症状が出てきます。

頸椎椎間板ヘルニア

病院で頸椎椎間板ヘルニア、変形性頸椎症、バレリュー症候群などと診断された方も、改善された例が沢山あります。

特に、頸椎椎間板ヘルニアは得意分野です。 是非ご相談下さい。