O脚矯正について

スラリと伸びた脚が魅力的な人は、正しい骨格と美しい姿勢を兼ね備えています。

O脚の人はまっすぐ立った時、膝とふくらはぎがつきません。

O脚でお悩みの人は、圧倒的に女性に多いと思います。 

O脚の画像

O脚でこんなお悩みはありませんか?

  • スカートやスリムなパンツなど脚のラインがわかるものは避けている。
  • ダイエットを頑張っているのでO脚も直したい。
  • バストアップやヒップアップをしたい。
  • O脚の為か膝に痛みがある。
  • 慢性的な肩こりや頭痛や腰痛がある
  • 日常はく靴の底は外側の減りが激しい。
  • 姿勢が悪く猫背や骨盤の歪みが気になっている。

O脚をひどくする座り方や立ち方。

<アヒル座り>

脚の外側の筋肉が張り出してきて、内ももの筋肉が使われていないので将来的に膝痛になるリスクが高いです。 またお尻の筋力も使われていないのでヒップラインが下がってしまいます。

アヒル座り

<内股でイスに座る、内股で立つ、内股で歩く>

膝頭が内側に入ってしまいヒップラインも下がってきます。 また膝下のふくらはぎの筋肉が横に張り出してきます。

<横座り>

女性が床に座る時よく見かける座り方で、骨盤の一方に重心が乗った座り方ですので、股関節に負担がかかり骨盤も歪んでしまいます。

横座り

<イスに座るとき脚を組む>

座る時、脚を組むと骨盤が後ろに傾き猫背になります。

脚を組む

その他、脚を左右交差させて立ったり、休めの姿勢で片方の足に重心をかけて立つなどもO脚をひどくする動作ですので気をつけましょう。

アズーロカイロのO脚矯正を受けてみて下さい!

O脚の原因は、脚の筋肉の付き方にあります。 左右均等に立っているつもりでもO脚の人と健常の人は違います。

また、O脚の人は内ももの内転筋と、ヒップラインを作っている大殿筋が弱くなっています。 つまり筋肉のバランスが崩れることによってO脚が進み、太ももやふくらはぎが外側に張り出してきます。

当院のO脚矯正は、最初にO脚の症状レベルを検査してから、ゴムベルトを使用して矯正致します。 

O脚の症状レベル

最初は、圧迫感があり慣れるまで少し時間はかかりますが痛みは有りませんのでご安心ください。

また、当院独自のO脚矯正エクササイズがありますので、毎日頑張ってやってみて下さい。 きっとあなたのお役に立てると思います。

O脚矯正のやり方