マタニティ整体について

出産を迎えるにあたり、期待と不安がうずまいているでしょう!

しかし、あなたが1人で出産に臨むのではありません。 ご主人とお腹の赤ちゃんとあなたの3人で乗り越えていくのです。

妊娠中は、40週の事ですが女性にとって一番大切な時期です。 新しい命を育み、ホルモンの作用により月齢が進むと、腰痛など妊婦さん特有の症状が増えてきます。

妊婦さん

妊婦さん特有の症状について

ホルモンバランスが大きく変わり、子宮が大きくなると骨盤のバランスも変化してゆるくなります。

<腰痛>

妊娠中の腰痛は、通常の腰痛と異なります。

通常の腰痛は、上半身と下半身をつなぐおなかの体幹の筋肉(腸腰筋)や、お尻のラインをつくる筋肉(大殿筋)や、背骨を支える筋肉(脊柱起立筋)に負担がかかり腰痛になりますが・・・・

妊娠中はおなかが大きくなるにつれて、脊柱起立筋や、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)がよく使われて、大殿筋はあまり使われなくなって弱くなりますので腰痛が起きやすくなります。

これを放置すると産後の回復が遅くなるので、十分にケアが必要になります。

<肩こり、頭痛>

妊娠中は大きくなるバストに伴い、肩や首や背中の筋肉が固くなり血流が悪くなる為、肩こりや頭痛でお悩みの人が多いです。

<恥骨の痛み>

妊娠後期になると、赤ちゃんが大きくなってくるので恥骨に負担がかかり、また腰を反らすことにより痛みが出やすくなります。

<膝痛>

妊娠中は筋肉が緩み、関節に負担がかかりますので膝も体重の増加により痛みが出やすくなります。

<不眠>

赤ちゃんの胎動などにより睡眠の質が低下します。

<貧血>

妊娠すると、女性のからだは血液量が増えていきますが、うすくもなっていきますので貧血に注意が必要です。 特に鉄分を多く含む食事が大切です。

<むくみ>

妊娠中は血液がうすくなり、ホルモンバランスの影響や座っている時間が長くなるので運動量が減ることによりむくみやすくなります。

<便秘>

女性は男性に比べ便秘になりやすいですが、妊娠中はホルモンの影響や子宮が大きくなることにより、一層便秘でお悩みの方が多いです。

妊娠すると体の重心が移動します。

お腹が大きくなってくると体の重心が下がり、上体はややのけぞった姿勢になってきます。

また足元が見えにくくなり、すべての動作が緩慢になってきます、特に怖いのは段差です。 またしゃがむ動作もつらくなってきますので、足元にあるものを拾ったり靴下を履くことなどが難しくなってきます。

妊娠中の座り方

アズーロカイロの妊婦整体は、安心してうけて頂けます。

当院のマタニティ整体は、妊婦さん用の特別仕様のボディクッションを使用して施術いたしますので身体の負担も少なく、安心してうけて頂けるとおもいます。

安定期(妊娠5ヶ月以降)を過ぎてからをお勧め致します。

当院の施術は、DRT整体で5分間骨盤や背骨をユラユラと揺らしながら調整いたします。 妊婦さんにも大好評です。

ボディクッション