寝床でスマホを使うと不眠症につながります!

folder未分類

寝床でスマホを使うと不眠症につながります!

寝床や寝る前にスマホを使うと不眠症に影響を与える可能性があります。

スマホやデジタル機器は寝る時間の1時間前ぐらいに止めましょう。

寝床でスマホを使う

1. ブルーライトの影響

スマホやタブレットやゲーム機は、デバイスから発せられるブルーライトがメラトニンの分泌を抑制し、睡眠の質を低下させる可能性があります。

メラトニンは睡眠に大切なホルモンで体内時計を調節し眠りのリズムをサポートします。

スマホのブルーライトは睡眠を妨げます

2. 興奮効果

スマホを寝る前に使用することで、情報の刺激や興奮が生じる可能性があります。

これにより、リラックスが難しくなり寝付きが悪くなることがあります。

寝床でスマホを使うと脳が興奮状態になります

3. 過剰な情報

寝る前にスマホを使用すると情報過多になり、考え事やストレスが増えることがあります。

これが入眠を妨げる原因となります。

寝る前にスマホを使うとストレスが増えます

これらの理由から寝る前や寝床でスマホを使用することを避けることが、良い睡眠環境を促進する為に重要です。

岡谷市の整体「アズーロカイロ」からの提案

1. 寝る1時間ぐらいに前にスマホは止める

画面から発せられるブルーライトの影響を最小限に抑えることができます。

2. リラックスの時間を確保

寝る前にリラックスの時間を取りましょう。

本を読んだり、軽いストレッチを行ったりして心地よい状態になるように心がけましょう。

3. 寝室の環境を整える

寝室を快適な場所にし、暗く静かな環境を作りましょう。

寝室ではくつろぎやすく、眠りやすい状態を維持することが重要です。

不眠症はDRT整体で改善できます!

岡谷市の整体アズーロカイロプラクティック院は開業15年以上で15000人以上の不眠症のお客様を改善に導いて参りました。

たった5分間背骨ゆらしで体じゅうの痛みや不調が改善して深い睡眠が取れるようになります。

不眠症、自律神経失調症、うつ病、パニック障害、起立性調節障害、更年期障害などの自律神経系の症状でお悩みの方にお役に立てると思います。

岡谷市のDRT整体