足を組んで座る習慣のある人は、腰痛や肩こりの原因になります!

folder未分類

なぜ、足を組みたくなるのでしょうか?

なぜ足を組みたくなるか?

長年の習慣になっていて無意識に足を組んでしまう、足を組んだ方が落ち着くから、足を組んだ方がラクだから、正しい姿勢で座っていると疲れるからなどの理由だと思います。

デスクワーク中心の仕事中であったり、すきま時間のスマホ操作であったり、電車の移動時間だったり、家庭でのくつろぎタイムだったりすると思います。

足を組むと身体が歪みます!

足を組むと身体が歪む

上のイラストは、右足を左足の上に組んだ状態でデスクワークをしています。

左側のお尻に重心が乗り、骨盤のラインが斜めになったり、背骨が左側に弯曲したり、肩の高さが左右で変わったりすることにより身体が歪みます。

足を組むと猫背になる

足を組むと、骨盤が後傾して猫背の状態にもなります。

座骨で座り骨盤を立てる事が大切です

座骨で座り骨盤を立てる

正しい座り方

いすに座る時は、座骨で座り骨盤を立てる事が最も大切な事です。

人間の背骨は、横から見たとき緩やかなS字カーブを描いています、しかし足を組んで座ると骨盤が後ろに傾き、背骨は逆のCカーブのようになり猫背になります。

身体の歪みは岡谷市のDRT整体で改善できます!

DRT整体

岡谷市の整体アズーロカイロプラクティック院は、開業15年以上で15000人以上の身体の歪みを調整して参りました。

たった5分間、骨盤や背骨をユラユラ揺らすだけで、長年の身体の歪みを取り除くことができて、全身のコリや倦怠感を瞬時にラクにする事ができます。

長年の悪い生活習慣である「足を組んで座る」を止めれば、腰痛、股関節痛、殿部痛、座骨神経痛、背部痛、肩こり、首こり、ストレートネック、巻き肩などが改善できます。